あきな飯

料理の基本のき!から、簡単レシピまで色々書いていきます。

ブロッコリーの茎活用!なんちゃっておつまみレシピ

今年の1月ぶりの記事更新になってしまいました。昨年12月に引っ越しをしてキッチンが狭くなったのもありますが、どうにもモチベーションが続かなかったり、ネタ切れしてしまったり、時間をうまく取れなかったりして今に至ります。

さて。今回は友人の結婚式二次会でネタを集めまくってきたので、順に挑戦していこうと思っています!第一弾!ちゃーらぁっん!

ブロッコリーの茎活用」「5分で作れるおつまみ」

 

ブロッコリーには妊娠中の女性が普段の1.7倍とる必要があると言われる「葉酸」が多く含まれています。またビタミンCはレモンよりも多く含まれ、疲労回復・風邪の予防に効果的です。

でもその「茎」。捨ててませんか?私もあまり活用しきれていませんでした。
併せて、「5分で作れるおつまみ」の答えにもなるような、なんちゃっておつまみレシピを紹介したいと思います。

ブロッコリーの茎で作るザーサイ風おつまみ」

さて本当に5分で作れるのか時間を確認します。

f:id:akinatsukushi:20190602224317j:plain

こんな夜更けにブロッコリーかよって思いますよね

【材料】
ブロッコリーの茎(一株分)
・しょうゆ・鶏がらスープの素、各小さじ1
・ラー油、お好みで。

【作り方】

ブロッコリーの茎は薄切りにして耐熱皿に広げ、ラップをかけて600wで1分40秒加熱する。

●出てきた水分は捨てて、調味料を混ぜる

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20190602225041j:plain
f:id:akinatsukushi:20190602225045j:plain

f:id:akinatsukushi:20190602225048j:plain

さて。何時でしょう。

f:id:akinatsukushi:20190602224706j:plain

写真撮りながらこの時間だから誉めてほしい

11分かかりました・・・。残念。
味はまさにザーサイ!結構濃いめなのでお酒に合うと思います。冷蔵庫で冷やしたらもっとザーサイっぽくなるかなー。辛いのが苦手な人はラー油をごま油に変えて、味の濃さは鶏がらスープの素を調整すればよいと思います。
ブロッコリーのメニューを作る機会があればおまけにどうぞ。

では。今回はこのへんで。

ドイツの家庭料理?お弁当にもぴったり。ポテトハンバーグ

8月の更新から随分と日が空いてしまいました。更新していない間でも検索から見に来ていただいているのか、アクセスが途切れないのがレシピブログの不思議なところだなぁと思っています。
毎週更新は難しいかもしれませんが、少しずつでも続けていこうと思います。

 

さて。今回はポテトハンバーグ!
ハンバーグってあれでしょ、材料多い系のめんどくさい系でしょ・・・って思いますよね。私も普通のハンバーグは面倒で作らないんですが、今回は材料3つ!味付けも塩コショウだけです。ね、ほら出来そうな気がしてきたーーー。

f:id:akinatsukushi:20190119220935j:plain

今回はいつもとちょっと違うハンバーグ

ポテトハンバーグ

【材料】
・合いびき肉200グラム
・じゃがいも4個
・たまねぎ小1個(大きいものは半分くらいでOK)
・塩コショウ適量

【作り方】

●たまねぎはみじん切り、じゃがいもはすりおろし器ですりおろして、合いびき肉と混ぜ合わせる。

●しっかり混ざったら塩コショウを適量加え、よく混ぜフライパンで焼く。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20190119221334j:plain

普通のハンバーグはパン粉や牛乳が入って、生地同士をつなぐ役割をしますが、今回のポテトハンバーグでは、じゃがいものデンプンがその代わりをしてくれています。
なので特別な材料がなくても、すりおろし器があればすぐに作ることが出来ます。
(合いびき肉の代わりに、おからと蓮根を使うとビーガン対応レシピになります)

またタマネギの香りに含まれる「硫化アリル」という成分には鎮静作用があり、ストレス解消にも繋がると言われています。日常生活でストレスを感じたら、たまねぎのみじん切りをおススメします(笑)

火をしっかり通して生焼けを防ぐには、玉ねぎをしっかりみじん切りにすること(ネギ臭さが苦手な人は生地を混ぜる前にたまねぎだけ炒めるのもあり!)と、厚みを薄めにして(1センチもないくらい)焼くことが大事です。薄め&一口大に焼いておけばお弁当の具にも。私はいつもウスターソースと粉チーズをかけて食べますが、普通にケチャップだけでも、ポン酢であっさりでも合うかなと思います。

 

では!今回はこのへんで!

夏を乗り切る!&節約の豆苗チヂミ

最高気温40℃を超える所があまり珍しくもなくなってきたこの夏。準備に時間のかかるものや、ぐつぐつ煮込まなければいけない料理は作りたくないですよねー。
野菜もちょっとだけ高くなってきたし、どうしよう…とスーパーをウロウロしていたら、豆苗の横にレシピカードを発見!
手順も簡単でお腹いっぱいになれるレシピをご紹介します。

 

f:id:akinatsukushi:20180804145105j:plain

豆苗チヂミ

【材料】
・豚コマ100グラム
・豆苗1袋

((以下A))
・薄力粉55グラム
・片栗粉大さじ3
・鶏がらスープの素小さじ1
・ごま油大さじ1
・水100cc

【作り方】

●豚肉は小さめに、豆苗は根を切り落として2等分に切る。

●Aの材料をボウルに入れてダマにならないように、よく混ぜる。

●よく混ぜたAに豚肉、豆苗を加えて混ぜ、サラダ油をひいたフライパンで両面焼き色がつくまで焼く。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20180804150308j:plain
f:id:akinatsukushi:20180804150311j:plain
豚肉であれば形はなんでもOK!!だと思います

f:id:akinatsukushi:20180804150315j:plain

ポン酢とラー油で食べました。切るのは面倒なので端っこからちまちま・・・

調べてみると豆苗は、髪や肌の健康維持に役立つビタミンA、新陳代謝を促すビタミンB群、ビタミンKや葉酸も豊富なんだとか。思ってたより栄養たっぷりでした。

では今回はこのへんで!

熱中症には十分ご注意ください!!

火を使わない&栄養満点!ピーマンのサラダ

8月になりました。これを書いている7月の時点で、朝の通勤時間だけで干からびそうに暑い毎日です。ご飯を作るって言っても、出来れば火を使わずに涼しく美味しいものを作りたい…そんなときはこのレシピ!
6月から9月が旬のピーマンと、栄養と彩りをプラスするためにパプリカを使いました。

f:id:akinatsukushi:20180719212424j:plain

(レシピ)ピーマンとパプリカのサラダ

【材料】
ピーマン … 3個(大きければ2個)
・パプリカ … 1/2個
・にんじん … 1/3本
・ハム … 3枚
・白いりごま … 小さじ1
・醬油 … 小さじ2
・酢 … 小さじ1
・油 … 小さじ1/2

【作り方】

●にんじんは細めの千切りにして塩をひとつまみまぶしておいておく。

●パプリカとピーマンは5ミリ幅に切り、耐熱皿に広げてラップをし、600wで40秒ほど加熱。

●細切りにしたハムと、水気を切ったにんじん、パプリカとピーマンをボウルで混ぜ合わせ、ゴマと調味料を順に加えて混ぜる。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20180719213355j:plain
f:id:akinatsukushi:20180719213400j:plain
油はサラダ油でも可!
f:id:akinatsukushi:20180719213401j:plain
f:id:akinatsukushi:20180719213409j:plain
余ってたカイワレも入れてみました

栄養と効能

ピーマンもパプリカも元をたどれば同じ物ですが、実はパプリカの方が栄養が多いって知ってましたか?私もこれを書くために色々調べていたら、パプリカの中でも特にオレンジのものは1/6個で、赤いものは1/3個食べれば一日のビタミンCの必要量を摂取できるとか。ピーマンもパプリカも緑黄色野菜でカロテンが豊富、髪や肌を守る働きがあります。

-----

ピーマンもパプリカも、ちょうど安く出回る季節なので積極的に食べたいですね。ハムはなければツナ缶でも美味しいかも…その場合は油を減らした方がいいかもですね。

では今回はこのへんで! 

 

参考: 

www.sirogohan.com

つるむらさきと納豆のネバネバパワー丼

冷房の効いたオフィスに引きこもってパソコンに向かう毎日…なんだか乾燥しているし、パワーが出てこないし、そんなときはネバネバだ!と、ネバネバ丼を作りました。

思い付きの創作レシピをご紹介します。

f:id:akinatsukushi:20180713201454j:plain

つるむらさきと納豆のネバネバ丼

【材料】
つるむらさき
・ナス1本
・ごまたかな少々
・ひきわり納豆1パック
・しょうゆ小さじ1
ゴマ油少々

【作り方】

●沸騰したお湯でつるむらさきを2分ほど茹で、ザルにあげて水けを切る。
2センチ幅に切りしょうゆとゴマ油を加える。

●ナスはヘタを切り、皮をむいて薄切りにし、レンジで2分ほど加熱する。
粗くみじん切りにし、ごまたかなと和える。

●どんぶりにご飯と納豆、ナス、つるむらさきを盛り付ける。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20180713201639j:plain

f:id:akinatsukushi:20180713201655j:plain

栄養と効能

つるむらさきは6月~8月が旬の緑黄色野菜です。髪や肌の健康を守るビタミンAが豊富で、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分はほうれん草よりも多く含んでいます。完全栄養食と言われる納豆と合わせて、栄養たっぷり!!
―――――――

つるむらさきとナスの味付けは、この通りでなくても、どんな味でも合うかなと思います。ナスはおかかとしょうゆで和えたらより和風味に。ポン酢とゆず胡椒、めんつゆとしょうがの組み合わせも合いそうですねー。ナスがなければキムチでも!

 

では。今回はこのへんで。

冷やして美味しい!きゅうりの直煮

サラダにするか、韓国風おつまみきゅうりにするか、活用法をあまり知らなかったきゅうり。ちょうどtwitterで育ちすぎたおばけきゅうりの活用レシピが話題になっていたので、さっそくチャレンジしてみました。

 

きゅうりの直煮

【材料】
・きゅうり2本
かつお節8-10グラム
・しょうゆ大さじ3
・みりん大さじ2
・砂糖大さじ2

【作り方】

●きゅうりは両端を切り落としてピーラーで皮をむき、1.5センチ程度に切る。

●鍋にきゅうりをいれて、浸るくらいの水を入れる。

●一度沸騰したら火を弱め、調味料とかつお節を加え、ことこと20分。

●きゅうりの上半分程度が煮汁から出る程度になるまで煮る。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20180709220132j:plain

パスタ皿からはみ出る長さ

f:id:akinatsukushi:20180709220140j:plain

懐かしいほっこり風味

参考にしたレシピでは冷やして3日間保存OKと書いてありますが、ぱくぱく食べてたらすぐなくなりそう。食欲がなくても、優しい味でお腹にも優しいレシピです。
実家からきゅうりがたくさん・・・なんて時にはぜひ。

さて。今回はこのへんで!

参考:

www.sirogohan.com

山椒で大人味!なすとモロッコインゲンの味噌炒め

約1か月、間が空いてしまいました・・・。
食欲にムラがあるタイプなので、毎週続ける大変さを感じているところです。

さて。関東甲信は史上最速で梅雨明けが発表され、雨降ったっけ?というくらい、ジリジリ焼けるような晴天か、湿度の高い曇天が続いています。
そのせいで、今年は夏バテが早かった!食欲を刺激しながら、かつスッキリさっぱりした味のものが食べたいときは今回のレシピを参考にしてください。

今回は旬のモロッコインゲンを使います。普通のインゲンより長めで平たい見た目をしていますが、味はインゲンと変わらず、シャキシャキ感が楽しめます。

f:id:akinatsukushi:20180709211019j:plain

(レシピ)なすとモロッコインゲンの味噌炒め

【材料】
・豚こま100g
・なす2本
・モロッコインゲン8本程度
・味噌大さじ1
・しょうゆ小さじ1
・料理酒小さじ2
・水50cc
・山椒少々

【作り方】

●豚肉を一口大に切り、ナスとモロッコインゲンは1センチ幅程度の斜め切りにする。

●なす、モロッコインゲン、豚肉の順で炒め、山椒以外の調味料と水をすべて加える。

●すべて火が通ったら、火を止めて、山椒を適量加える。

⇒完成!

f:id:akinatsukushi:20180709212734j:plain
f:id:akinatsukushi:20180709212753j:plain

インゲンの栄養と効能

インゲンはカリウムたっぷりでむくみの解消、実は緑黄色野菜でβカロテンが豊富!これは体内でビタミンAに変わり、髪や視力、皮膚の健康維持に役立ちます。

-------------

普通の味噌炒めだともったりした味になるところ、山椒のぴりっとした感じが引き締めてくれてぱくぱく食べられました。 しょうががあったので、油を熱したところに投入したらさらにスッキリした味になりました。

では。今回はこのへんで! 

参考:

cookpad.com